Thursday, July 06, 2006

リコペンの効果

リコペン(Lycopene、ドイツ語読みでリコピン)は化学式 C40H56、分子量 536.87 のカロテノイド。水にはほとんど溶けない脂溶性の赤色色素。多くの植物ではβカロテンやαカロテンの前駆体としてわずかに存在するのみであるが、トマトや柿などに多量に存在する。抗酸化作用が大きいと考えられている。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home